子供 英会話

幼児の英会話について

幼児の習い物というと英会話や水泳教室が人気です。
水泳教室は小学生になっても続けられる安定した習い物のひとつ。

 

同じく英会話はどうでしょう。
幼稚園の頃からこどもに英会話を習わせて小学校高学年になり勉強が大変になってきたら
英会話を辞めて塾に通わせるというパターンの方も多いですね。

 

子供は覚えるのも早いですけど忘れるのも早いです。
せっかく幼稚園の頃から習っていた英会話を高学年で辞めてしまい中学校に入るころにはすっかり忘れているのでは悲しいですよね。

 

幼児の頃の英会話教室での英会話能力をどう維持するかは大きな課題であることは確かです。
小学校の高学年ともなると学校の宿題も増えて、英語にまで気が回らなくなるのもよくある話です。

 

幼児のときの英会話での英語力を維持したい場合は、公文の英語をやらせたり、ベネッセなど通信教育での英語教育を続けるのもひとつの手ですね。
英語通信教育でおすすめなのがNHKの番組から生まれた幼児英語教材えいごであそぼプラネットがお勧めです。

 

しかしそれも経済的に余裕がない場合は、ラジオ英会話を続けることで英語力を維持しモチベーション維持のためにこども児童英検や英検を受けさせるという方法もあります。

 

ラジオ英会話は最近はネットでも勉強できて低コストだが着実に英語力が身につく利点があります。幼児英会話での英語力は文法的には中学一年程度という話も聞きます。

 

あっという間に同級生たちに追いつかれる程度の語学力だったらいっそのこと全くやらないという方法という親御さんもいらっしゃいます。
英語力を中学まで維持できる持続的な計画を建てられる場合だけ英会話をさせる。

 

または幼児英会話は楽しい娯楽と割り切って中学になった時の英語の成績、お金をどれだけかけたなど一切問わないという覚悟がある時にだけ英会話はさせるというケースもあります。

 

幼児に英会話をさせるとき、その英会話能力を中学まで維持できるのか、それともいっときの娯楽なのかをはっきりさせてこどもにいつ何を習わすのか、こどもの習い事の長期計画を建てることは大事なことである。